中期経営計画

中期経営計画の概要

 当社は、2019年4月より、「シャルレビジネス事業の再生」並びに「新規事業開発による新たな柱の創造」の2つの基本戦略を軸とした3ヵ年の中期経営計画(2019年4月~2022年3月期)を積極的に推進してまいりました。
しかしながら、昨今の新型コロナウイルス感染症の世界的な蔓延は、当社の事業環境においても大きな影響を受け、当初の3ヵ年計画の見通しは大幅に下回るものと判断しました。
 一方、経営計画の基本戦略に基づき、M&Aによる新事業の展開に積極的に取り組んできた結果、2020年7月31日付に株式会社田中金属製作所及び株式会社WATER CONNECTの全株式を取得し、子会社化いたしました。当該子会社においては、主要製品の販促プロモーション及び研究開発の強化により、今後もさらなる事業の成長を見込んでおります。
 以上のことを踏まえ、昨今の事業環境の変化や業績の現況を総合的に勘案した結果、現行の中期経営計画については、推進期間を1年間延ばし、当社グループのローリングプランとして、以下の通り見直すこととしました。グループとしての経営戦略の基本骨子は踏襲しつつ、レディースインナー等販売事業については事業戦略を見直し、業績回復を目指すとともに、ウルトラファインバブル技術製品等製造販売事業についてはグループ支援を通じて、成長軌道を維持させてまいります。新型コロナ感染症の影響による今後の見通しへの不透明さは続きますが、新たな生活様式を見据えた社会や市場環境の変化に対応できる企業グループとしての経営基盤の確立を目指してまいります。

推進期間

2019年4月(45期)~2023年3月(48期)

経営方針

  • 基本理念

    人はみな豊かでなければならない
    我々に関係ある人はみな
    どうしても豊かでなければならない
  • わたしたちの誓い

    女性を元気にする日本一のグループへ
    わたしたちは
    シャルレらしい「もの」
    わくわく、笑顔になれる「こと」
    生涯を通じていきいきと輝いている「ひと」に
    こだわり続けます。
    そして、女性と共に生き
    地域や社会の発展に貢献していきます。

当社グループが目指す姿

「女性を元気にする日本一のグループ」を目指して

  1. 女性の生涯に「美しさと健やかさ」に貢献できる「ものづくり」に徹底してこだわり、人々の生活に密着した商品やサービスで質の高い生活を追求するシャルレグループになる。
  2. 国内市場において得た知見や技術を海外の女性に向けても商品やサービスを展開している。
  3. 経営基盤である財務体質の改善に取り組むため、資産の収益化によって、安定的なステークホルダーへの還元を実現する。
  4. シャルレグループとして、時代の変化に合わせ、現代女性の価値観に沿った新たな価値創造企業として社会に貢献する。
  5. 従業員が常にチャレンジし続け、自律・協働の精神をもって、高い志で活き活きと働いている。

グループ中期経営戦略

シャルレビジネス事業の再生
販売組織の拡大
  • 新規代理店及び新規特約店への教育・育成支援の強化
  • ビジネスメンバーへの営業活動支援の強化
ビジネスモデルの
特性に応じた商品開発
及び販促
  • 販売組織の拡大に向けた商品開発及び販促の強化
  • 高粗利商材の拡販
顧客への
ダイレクトアプローチ手法
の確立
  • 新規顧客の獲得に向けたダイレクトアプローチの推進
ビジネスメンバーにおける
新たなビジネススタイルの
確立
  • リアルの接点とデジタルの支援を融合させた活動の推進
収益性向上に向けた
取り組み
  • 社内業務の生産性向上及び効率化
  • 在庫ロス低減に向けた取り組み
新規事業開発による新たな柱の創造
子会社の事業運営
  • 柱事業への育成による収益力の向上
M&A・提携等による
新事業の開発
  • 国内における第3の柱となる事業の開発
新たなチャネルへの展開
  • 国内外における新規販売チャネル及びルートの開拓・拡大

グループ中期経営目標

グラフ:売上高

グラフ:営業利益

グループ中期経営目標(2023年3月期)

  • 売上高

    175億円
  • 営業利益

    10億円

PAGE TOP