これまでの災害⽀援活動

東⽇本⼤震災から続く、シャルレからの⽀援

シャルレでは、2011年3⽉の東⽇本⼤震災に伴い、被災地へ下着や飲料⽔、⾷料品等を送付しました。2012年からは継続的な⽀援として、東⽇本⼤震災・震災遺児⽀援のために当社対象商品の売上の⼀部を「あしなが育英会」へ寄付させていただく、「シャルレ100万⼈の愛を届けよう」活動を⾏っています。このご寄付は親を亡くした⼦どもたちの⼼のケアを⽬的としたあしなが育英会の施設「東北レインボーハウス」の⼀つである『仙台レインボーハウス』の建築費の⼀部として活⽤されました。

その他シャルレでは、九州熊本地⽅地震など災害救助法が適⽤されるなどの⼤きな災害に対する⽀援として、被災地の状況を確認した上で⽀援物資お送りしています。

これまでの⽀援

PAGE TOP