女性活躍の推進

「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」(以下、「女性活躍推進法」という。)に関わる当社の取組みをご紹介します。

「女性活躍推進法」に伴う行動計画と取組み

「男女問わず、働きやすく、働きがいのある環境を推進すること」を目的として、仕事と生活の調和を図り、働きやすく働きがいのある雇用環境の整備を行うため、以下の取組みを進めていきます。

  1. 多様なキャリアヘの対応ができる制度の浸透を図っていくこと。

    1. 経営的視野と全体最適の思考が身につけられるような次世代の人財育成を推進するため、男女を問わず、管理職の候補となる層の教育機会の設定と実務を通してサポー トします。
    2. 管理職自らの時間外労働の削減、有給休暇の取得を推進し、仕事と生活の調和が図れる環境を醸成します。
    3. 業務の標準化を図り、複数担当制等の推進によりバックアップ体制を強化することにより、属人的な業務体制を見直すなどの取組みを推進していきます。
  2. 安心して継続勤務ができるように、制度の積極的な運用を推進していくこと。

    1. 短時間勤務制度やフレックスタイム制度等を積極的に推進し、年次有給休暇、半日有休休暇取得状況の把握及び促進を行うことにより、仕事と生活の調和が固れる環境を整えます。
    2. 業務効率を図り、また、業務削減を進めることなどにより、生産性を向上させ、時間外労働を削減させていくことを促進します。
  3. 在宅勤務制度の運用を通じて、柔軟な勤務制度を検討すること。

    1. 上記の運用を進めていく中で、育児・介護目的に限らない、ワークとライフ双方の充実を図るための制度の確立と運用に取組みます。

上記の取組みを踏まえ、職業生活への就業機会の提供、男女共に働きやすく、働きがいのある環境を整え、就業環境を理由とした離職を逓減し、男女の平均勤続年数の格差をできる限り縮めていくことができるようにしていきたいと考えています。

厚生労働省
女性の活躍推進企業データベース

PAGE TOP